Pocket

こんにちは、マーケターのムロヤ(@rmuroya)です。

マーケ組織の構築・育成や、煮詰まった時の施策アイデアの発想促進のために、デジタルマーケティングのスキルマップをつくってみたので共有します。

デジタルマーケティングのスキルマップ


(クリックすると拡大表示できます)

上下で分けており、上は「良い仮説をつくる力」。下は「強い施策を遂行できる力」としています。

順に解説します。

良い仮説をつくる力

左側にユーザー理解に関するスキル右側にデータ・ドリブンに関するスキルをまとめています。

ユーザー理解について深く知りたい方は、デジタル時代のユーザー理解完全ガイドの記事が参考になると思います。

強い施策を遂行できる力

青い箇所は、集客→コンバージョン→リテンションと、ユーザー行動の流れでまとめており、赤い箇所はクリエイティブとエンジニアリングの領域をまとめています。

※ビジネスモデルによっては完璧に当てはまらないこともあると思います
※このスキルマップは完璧ではないと思うので、みなさんからのフィードバックをいただきながら「永久のβ版」として改良していく所存

多能工星取表と組み合わせるとGOOD

このスキルマップとトヨタの「多能工星取表」と組み合わせて、組織能力の計測や、採用計画にも活用できます。

このようなイメージで、スプレッドシートに記載して共有・更新する運用をとっていくと良さそうです。

※記載の仕方は、こちらの記事を参考にさせていただきました
スキルマップ作成のすすめ

このシートにより、組織の個々人の役割を明確にし、現時点で誰がどんなスキルを持っているのかが一目でわかるようになります。

マネージャー/メンバーのメリット

マネージャーとしてはメンバーの能力の把握が容易にできるため、誰に仕事を任せるかや、誰と誰を組み合わせるかなどの計画に役立てることができます。

メンバーとしては、自身に足りないスキルを把握しやすくなり、普段から学習習慣のある人なら効果的な自己学習に繋げることができます。また、そうでない人にはスキルが丸裸に可視化されてしまうので、「勉強せねば!」と危機感の醸成に繋がったりしそうです。

マーケティングのスキルマップで、成長課題を発見しよう

メリット尽くしかと思いますので、マーケティング組織を強くしていきたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

組織の実行力をあげる方法については、SEO / LPOの組織実行力を高める方法の記事もどうぞ。

SEOとLPO以外にも、普遍的に言えそうなことをまとめています。

 

 

このマーケティングのスキルマップを作成するにあたり、フィードバックいただいたTwitterの皆様、ありがとうございました!

Pocket

カテゴリー: