Pocket

こんにちは、マーケターのムロヤ(@rmuroya)です。

先日に、Ginzamarketsさんのセミナーにお声がけいただき、「組織の実行力の高め方」をテーマでお話させていただきました。

ウェルクス様登壇!6/28(木)LPO、SEOの実行力を高めるセミナー&交流会開催

SEOとLPOについては、競合の激しい人材業界のため、日々ゴリゴリと改善を進めているテーマでして、事業会社でインハウスで取り組んでいる立場として、これまでの成功例やメソッドをスライドにまとめてみました。

スライドの一部の紹介

このなかで実行力を高めるポイントとして、独自開発したフレームワークを紹介しており、

「テンション上げるか、ハードル下げるか」

「IFKフレームワーク」

などのフレームワークはとくに現場でもよく使っていますし、念仏のように唱えています。

施策のアイデアも発想しやすくなりますし、重要な思考ポイントを規定しているため、仮説検証が行いやすくなったり、施策の成功確度も高まっていくと思います。

組織の実行力を高めるために必要な環境整備

今回、お題をいただいてSEOとLPOのこれまでの取り組みを振り返ってみて思ったのが、

ーーー

たとえSEO/LPO未経験者でも、生産性を高める「仕組み」を設計し、マインドセットを切り替える「言葉」を導入することで、成果は出せる。

どこに焦点をあてればよいかが明快で、優れた仕事のやり方と、数字のモニタリングシステムが構築されており、的確な優先順位付けの基準があり、自走での施策の立案&遂行と、PDCAサイクルが回せることができれば、できる!

ーーー

ということ。

そのために個人のインプットと試行錯誤も重要ですが、組織としての仕組み・仕掛けで実現できることも多くある、ということです。

https://twitter.com/r_yuriii/status/1013782805526937602

こちらは過去のセミナーの登壇資料です。あわせてどうぞ。

具体的なSEOの施策等の話は2割程度で、教育・育成や体制、組織力を高める仕組みや仕掛けについての内容がメインとなります。

ご参考になれば。SEOやCVR改善の施策や、マーケ組織に関する相談もお受けしております。

詳しくはお問い合わせください。

Pocket